廃部寸前から再建、甲子園の夢叶える 多治見・高木監督

(20日、選抜高校野球 報徳学園21―0多治見)

 20日の報徳学園(兵庫)戦で大敗した多治見(岐阜)。高木裕一監督(54)は「脱帽です」と苦笑いした。選手の時に諦めた夢を再び追って指導者不在の部を再建し、自身初の甲子園にたどり着いた。試合後、「やっぱり甲子園はすごい」と感慨深げだった。

 1978年に岐阜県土岐市から東海大相模(神奈川)に進み、レギュラーをつかんだが、3年の夏、野球部の不祥事で神奈川大会途中で辞退。「悲しいを通り越し、何でなんだという気持ちだった」。大学2年まで野球を続け、多治見市役所に就職したが、高校野球を見なくなった。

 98年6月に監督就任を依頼された。監督不在で廃部寸前のところを、OBが高木監督の経歴を聞きつけた。だが、当時の野球部はノックを待つ間にあぐらをかく部員がいるなど、練習に身が入っていなかった。球の握り方を知らない部員もいた。

 「どうせやるなら勝たないと楽しくないぞ」。初めは「2カ月間だけ」のつもりだったが、自分自身が「やっぱり野球が好きだ」と気づき、打撃や投球を身ぶり手ぶりで教えた。

 今の部員たちを「おとなしいが、スポンジのよう。教えたことをしっかり吸収する」と評する。この日、公式戦初先発の右翼手・森翔太君(2年)と左翼手・三戸悠平君(同)が安打を放った。森君は「振り遅れることが多く、監督から『打つポイントを前に』と言われ、結果が出た」と喜んだ。

 4万2千人の大歓声にのまれ、選手たちは「いつも通りじゃなかった」(高木監督)。硬くなって5失策、21失点。散発3安打に抑えられた。それでも高木監督は「選手のおかげでここまで来られた」と選手をねぎらった。(室田賢)

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

17時42分更新

社会のニュースをもっと見る

15時07分更新

経済のニュースをもっと見る

16時14分更新

政治のニュースをもっと見る

17時07分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

15時46分更新

エンタメのニュースをもっと見る

14時34分更新

スポーツのニュースをもっと見る

16時22分更新

トレンドのニュースをもっと見る

14時57分更新

仕事術のニュースをもっと見る

17時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

11時30分更新

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索