ロッテの井口資仁選手、今季で引退へ 42歳

ロッテの井口資仁選手、今季で引退へ 42歳

 プロ野球ロッテの井口資仁選手(42)が、今季限りで現役を引退することが20日、わかった。

 東京・国学院久我山高から青学大を経て、1997年にドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。05年からは大リーグでプレーし、同年はホワイトソックスで88年ぶりのワールドシリーズ制覇に貢献した。

 09年に日本球界に復帰し、ロッテに入団した。13年には史上5人目となる日米通算2千安打を達成。今季も先発で4番を打つなど開幕から1軍で活躍し、35試合出場で打率2割5分7厘、1本塁打、8打点だった。

■生きざま見せてくれた

 〈ダイエー入団当時の監督だった王貞治・現ソフトバンク球団会長〉 「ホークスの強力打線の中心として2度の日本一。米国でも2個のチャンピオンリングを手にして大活躍だった。42歳までよく頑張って、野球の虫というか、そんな生きざまを見せてくれた」

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索