中日・岩瀬が歴代最多更新の950登板 単独首位に

中日・岩瀬が歴代最多更新の950登板 単独首位に

 プロ野球中日の岩瀬仁紀(ひとき)投手(42)が6日、東京ドームでの巨人18回戦で通算950試合登板を達成し、登板数で米田哲也氏(阪急、阪神、近鉄)と並んでいた歴代最多記録を更新して、単独首位に立った。九回、5番手で登板して達成。今季46試合目だった。

 岩瀬は愛知県西尾市出身。愛知・西尾東高、愛知大、NTT東海を経て1998年のドラフト2位で中日に入団。初登板はプロ1年目の99年4月2日の広島戦(ナゴヤドーム)の六回。2014年には前人未到の通算400セーブを達成した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索