準決勝の壁、今度こそ ケンブリッジはガトリンと再戦

準決勝の壁、今度こそ ケンブリッジはガトリンと再戦

 日本時間の5日未明、ロンドンであった陸上の世界選手権男子100メートル予選で後半の伸びを欠きながら、10秒21のタイムで拾われ、準決勝に進んだケンブリッジ飛鳥(ナイキ)。「いまいち」と振り返ったように、自己ベストの10秒08に及ばず、実力を出し切れなかった。6日未明の準決勝は、昨夏のリオデジャネイロ五輪銀メダルのジャスティン・ガトリン(米)と同じ1組。切り替えて臨む。

 ケンブリッジにとって、準決勝は是が非でも乗り越えたい壁だ。昨年の日本選手権で、自身より実績があった桐生祥秀(東洋大)、山県亮太(セイコー)らを抑えて初優勝。しかし、日本王者として臨んだリオ五輪では、その準決勝で世界との差を思い知らされた。

 隣のレーンだったガトリンを意識するあまり、動きが硬くなり、屈辱の最下位で敗退。だから今季は、自分に言い聞かせるように、何度もこう繰り返した。「去年(リオ五輪)は決勝にいくという目標を達成できなかった。今年こそという思いは強い」

 不安材料を挙げるとすれば、今年6月の日本選手権決勝で痛めた右足太もも裏の状態だ。症状は軽かったというが、10日ほど練習ができなかったという。31日の公開練習では「(状態は)100%」とし、4日の予選後も「足の状態は悪くない」と、影響は打ち消している。

 父はジャマイカ出身。ケンブリッジ自身はジャマイカ生まれ日本育ちだが、今大会限りで引退するジャマイカの英雄、ウサイン・ボルトには強い憧れを抱く。準決勝の壁を越えない限り、一緒に走ることはもうなくなる。「今回が最後のチャンス。しっかりと走りたい」(遠田寛生)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索