腰痛から救ってくれた親友 二人三脚で甲子園へ

腰痛から救ってくれた親友 二人三脚で甲子園へ

(11日、高校野球 広陵10―6中京大中京)

 同点の六回1死二塁、中京大中京の伊藤稜(3年)がマウンドへ走る。同じ投手の掛布大樹(かけのだいき)と二人三脚でたどり着いた場所だ。

 打撃投手を務めることが多かった1年の12月、腰を痛めた。腰椎(ようつい)分離症。いま思うと、ケア不足だった。「思い出したくもない」という激痛から、野球をやめようとも考えた。助けてくれたのが掛布だった。

 彼も中学時代に腰痛に悩んだ。何十軒も治療院に通ったが治らず、原因も不明。専門書を読みあさり、治療院を探して完治させたという。「腰痛のスペシャリスト」だ。

 相談したら、親身に症状を聞いてくれた。治療院やジムを紹介され、ストレッチの重要性も教わった。痛みは徐々に消え、半年で投球ができるようになった。「一緒に背番号をつけて甲子園へ」と誓い合った。プライベートも一緒にいる時間が増えた。今年の正月には一緒に自転車で愛知から三重・鳥羽を巡る約220キロの旅もした。残り40キロからは2人ともフラフラだった。

 昨秋から自分は背番号11だったが、掛布はベンチを外れた。6月、ベンチ外の3年生の「引退試合」とも呼ばれる親善試合に彼が出た。好きに選べる背番号は、同じ「11」をつけてくれた。

 掛布の夢は、腰痛に悩む人を減らすこと。筑波大を目指して受験勉強に集中しているから、甲子園の応援には来られなかった。

 「あいつの分も」と奮い立ったマウンドで2回3分の1を投げて8安打7失点。「悔しいし、申し訳ない」。でも、全力で左腕を振れた。掛布がいなければ、この63球はなかった。(小俣勇貴)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索