仙台育英、着実に得点 「冷静に燃える」貫き、まず1勝

仙台育英、着実に得点 「冷静に燃える」貫き、まず1勝

(12日、高校野球 仙台育英15―3滝川西)

 仙台育英は日々のチームスローガンを持ち回りで決める。甲子園初戦に巡ってきた担当は主将の西巻。試合前に仲間へ伝えた言葉は「冷静に燃える」だった。

 一回1死から2番鈴木の右中間二塁打でいきなり、先制のチャンスを迎える。続く山田に力みは感じられない。1ボールから内角よりの直球をコンパクトなスイングで捉えた。ライナー性の打球は左翼線ポール際に飛び込んだ。

 「つなぐ打撃ができている」と宮城大会を振り返って話したのはエースの長谷川。二回無死二、三塁、その長谷川にも一発が生まれた。タイミング良くスライダーを振り切り、右翼席に届く貴重な3点本塁打。「逃げ切りたい。打者が一回り目でどう感じるかが大事」と、話していた佐々木監督の理想の展開だった。

 仙台育英は2度、夏の甲子園で準優勝している。「東北悲願の初優勝」と周囲の期待は大きいが、長谷川は冷静。昨秋の明治神宮大会、今春の選抜大会はともに1回戦で敗れた。「僕たちの代はまだ全国で勝ったことがないので、まず1勝」。滝川西に勝利し、着実に一歩目を踏み出した。(坂名信行)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索