イタリア、60年ぶり予選敗退 サッカーW杯

 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選プレーオフは13日、イタリア・ミラノでホーム・アンド・アウェー方式の第2戦1試合が行われ、ホームのイタリアはスウェーデンと0―0で引き分け、2戦合計0―1で1958年スウェーデン大会以来、60年ぶりの予選敗退となった。10日に敵地ストックホルムでの第1戦を0―1で落としたイタリアはこの日、ホームの大観衆の声援を受け、前半から圧倒的にボールを支配して攻め続けたがゴールを割れず、連続出場は14大会で途切れた。堅守でしのぎきったスウェーデンは3大会ぶり12回目の出場を果たした。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索