ロッテの名物ウグイス嬢、1700試合担当 28季目で

ロッテの名物ウグイス嬢、1700試合担当 28季目で

 プロ野球・ロッテの主催試合で場内アナウンスを担当する谷保(たにほ)恵美さん(52)。18日のソフトバンク戦(ゾゾマリンスタジアム)で、1軍公式戦担当試合数が通算1700試合に到達した。

 谷保さんの場内アナウンス1軍デビューは1991年8月9日の日本ハム戦(川崎球場)。「サブローーー」など、語尾を伸ばすアナウンスに特徴があり、今ではすっかり球場の名物になっている。この日も、先発メンバーを知らせる伸びやかな声を響かせた。

 節目の試合を迎え、谷保さんは「入社2年目から場内アナウンスの仕事をさせていただき今年で28シーズン目。日々、体調管理に気をつけながら、ここまでたどり着くことができたと思います」としみじみ。

 さらに、「色々な方から『おめでとうございます』と言っていただき、本当にうれしかったです。ここまで来られたのもファンの皆様、そして周りの皆様方の支えがあったからだと思っています。これからも感謝の気持ちを込めて元気よく声を出していきます」と球団を通じてコメントした。

 試合は3―2で勝利。お立ち台で、4勝目を挙げたエースの涌井秀章が「きょうは谷保さんの1700試合の日。絶対に勝ちたいと思っていた」と言うと、放送席で照れ臭そうに頭を下げた。

 北海道出身で、高校では父が監督の野球部でマネジャーだった。「野球にかかわる仕事がしたい」と、この仕事を目指したという。

 場内アナウンスの連続試合担当も1494試合となった。予定通りいけば、6月1日の広島戦で1500試合連続の「快挙達成」となる。(山口裕起)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索