菅野「歓声わいて気付いた」 入団6年目で初アーチ

菅野「歓声わいて気付いた」 入団6年目で初アーチ

(18日・プロ野球 巨人6―3DeNA)

 巨人入団6年目。菅野が初めてスタンドまでアーチを描いた。3―3の同点で迎えた五回無死。「来た球に反応した」とスライダーをとらえると、ライナーが左翼席に吸い込まれた。「一塁ベースを回ったときに歓声がわいて、入ったことに気付いた」。自身を援護する、大きな勝ち越し本塁打になった。

 今年の巨人打線は、下位がつながる。一時逆転に成功した三回、お膳立てをしたのも菅野だった。

 先頭の長野が左前安打で出塁し、小林の犠打で1死二塁。菅野が中前安打でつなぎ、坂本勇の3ランを呼び込んだ。3、4月の月間MVPを獲得し、絶好調の坂本勇は言う。「走者がいる場面で回してくれると、気持ちも変わる。流れに乗って、打席に入れるので」

 試合の注目は、DeNAの強力打線に対し、菅野がどこまで連続イニング無失点を伸ばすか、だった。だが「本職」は本調子から遠かった。捕手の構えから微妙にずれる球が多く、球数もかさむ。三回、30イニングぶりに失点した。筒香に先取点となる2ランを浴びると、五回には梶谷にもソロ本塁打を許した。「両方とも防げた失点」と悔いる。

 6回を投げきっての降板は、今季最短タイ。その分バットで、余りある貢献をした。本塁打は「マグレです。いつぶりだろう。分からない」と振り返るほど。自身5連勝目は、本人も驚くような思いがけない形でつかんだ。(井上翔太)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索