ロサリオ、10試合ぶり3安打 スランプ脱出の秘密は…

ロサリオ、10試合ぶり3安打 スランプ脱出の秘密は…

(18日・プロ野球 阪神2−1中日)

 喜怒哀楽がついつい表情に出てしまう。真面目で素直な性格なのだ。打撃不振で暗く沈んでいた阪神の主砲ロサリオが、10試合ぶりの3安打。ようやく笑みが広がった。

 「コースに逆らわずセンター方向へ合わせることが出来たね。チームに貢献できて良かったよ」

 1点を追う六回2死一、三塁。初球の136キロの直球を中前にはじき返した。8日の巨人戦で3号ソロを放って以来、8試合ぶりの打点となる同点適時打。勢いづいた阪神は、続く糸原の右前適時打で逆転した。

 この試合前まで、5月は13試合で打率1割3分5厘。ここ7試合に限ると28打数1安打と極度の打撃不振に陥っていた。タイミングを取り戻そうと、ノーステップでの打撃フォームから、メジャー時代の足を上げるフォームにも挑戦するなど試行錯誤。自宅でもティー打撃を行うなどスランプ脱出を目指した。

 この日は四回に左前打、八回には右前打を放った。「辛抱して信じるしかない」と話していた金本監督も「変化球も打ったよね。(配球を)読んだのか、反応したのか分からないけど」。主砲の復調に目を細めた。

 「今日はいい日だった。でも、これを続けていかないと意味がない」と引き締めたロサリオ。これくらいでは満足できない。そんな主砲としてのプライドが言葉の端々からのぞいた。(鷹見正之)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索