日大アメフト部再建案、検証委の設置を承認 関東学連

日大アメフト部再建案、検証委の設置を承認 関東学連

 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、関東学生アメフト連盟は13日、東京都内で定例理事会を開き、日大アメフト部のチーム再建案などを審査する検証委員会の設置を承認した。メンバーは今後決め、6月中に検証委を立ち上げる予定。

 関東大学リーグ1部に所属する各大学の指導者らで作る監督会は第三者のみで構成することを求めており、理事会では筑波大学長の永田恭介氏、プロバスケットBリーグ創設に貢献した東大理事の境田正樹氏を委員の候補者とするよう要望を受けたことが報告された。連盟は社会人リーグや競技外からも募るとしている。

 また、9月に開幕する予定の関東大学リーグの日程は、処分解除の可能性があるため、日大を入れて作ることも報告された。選手登録が締め切られるのは7月末としている。

 連盟は5月末の臨時理事会で、チームに2018年度シーズン終了まで公式試合の出場資格停止処分を科した。再発防止策の実施、組織改革の断行が処分解除の条件となっており、再発の危険性がないと検証委が認めれば、理事会の承認を得て解除が決まる。日大は近く連盟に再建案を提出する予定。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索