「感謝ツタえたい」甲子園のツタ、マネジャーらに配布

「感謝ツタえたい」甲子園のツタ、マネジャーらに配布

 14日開幕の第100回全国高校野球選手権記念高知大会の開会式後、阪神甲子園球場のツタを植えた鉢100個が参加校のマネジャーや審判員に配られた。

 日本高野連が2000年、改修工事ではがされた外壁のツタの苗を全国の加盟校に配った。それを高知県高野連顧問の矢野司さん(62)が栽培していた。

 鉢植えは甲子園の土入り。マネジャーの女子生徒らが次々と受け取った。監督経験もある矢野さんは「裏方さんたちに感謝の気持ちをツタえたい」。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索