大阪桐蔭・藤原の打球「新幹線みたい」 驚く沖学園右腕

大阪桐蔭・藤原の打球「新幹線みたい」 驚く沖学園右腕

(13日、高校野球 大阪桐蔭10−4沖学園)

 四回無死二塁、沖学園の右腕石橋は相手4番の藤原に左中間へ二塁打を打たれた。そのあまりの痛烈さに「一瞬で顔の横を通り過ぎた。新幹線みたいだった」と目を丸くした。けがもありエースの座を斉藤に譲ったが、大阪桐蔭戦の先発に抜擢(ばってき)された。堂々と挑み、4回を2安打2失点。次々と涙がこぼれたが、「最大限の力は発揮出来た」。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索