本来ならプロ野球の開幕日となるはずだった20日。各球団は無観客で、開幕カードの相手と練習試合を行った。広島カープの本拠マツダスタジアムでは意外にも、人気のあの店が開いていた。

 広島県民にはおなじみのキャッチフレーズ、「みんな大好き 野球はカープ むすびはむさし」で知られる飲食店の「むさし」。店員は、球春到来の日を待ちわびながら店を守っていた。

 マツダスタジアム内にある店舗は、試合日には、開門から30分もすればユニホーム姿のお客さんたちでいっぱいになる。従業員約15人が対応にあたるが、20日は店長代理の神田(じんで)誠さん(53)1人が店にいた。通常ならば店頭に並ぶはずの弁当の山も見当たらない。「試合日には、弁当だけで約2千食売れますが、今はお客さんが入らんからね」と困り顔だ。