新型コロナウイルスに感染していたイングランド・プレミアリーグの強豪、アーセナルのミケル・アルテタ監督(38)が26日、無事に回復したことを公表した。クラブ公式サイトのインタビューに「体調は完全に戻った」と語った。

 アルテタ監督は今月12日の検査結果で感染が発覚し、隔離措置がとられた。プレミアの指揮官が初めて感染したことを受け、リーグは13日に中断。当初は4月4日の再開を目指していたが、現在は4月30日までの延長を発表している。

 感染経路については、アーセナルが欧州リーグでオリンピアコス(ギリシャ)と対戦した2月27日が疑われている。同クラブのマリナキス・オーナーの感染が今月10日に判明。アルテタ監督は濃厚接触した可能性が高いという。