オバマケア見直し大統領令に署名 議会通さず骨抜き狙う

 トランプ米大統領は12日、オバマ前政権が作った「医療保険制度改革(オバマケア)」の見直しを関係省庁に指示する大統領令に署名した。トランプ氏はオバマケアの撤廃を公約していたが、議会で代替法案が頓挫。トランプ氏は議会を通さずに骨抜きを狙うが、野党・民主党などから早くも反発が出ている。

 大統領令は、中小企業が共同で保険料を出し合って作る保険の規制を緩めるなどして、簡素で安い保険を売りやすくし、消費者の選択肢を増やすとしている。トランプ氏は署名式で「これは始まりに過ぎない」として、オバマケアのさらなる切り崩しを狙う考えを示した。今回の見直しには数カ月かかるとみられている。

 ただ、反対派は、若くて健康な人が安い保険に流れ、高齢で病気を患っている人の保険料が高騰するなどと批判している。大統領の権限で規制緩和に踏み切れば、訴訟に発展するとの見方もある。(ワシントン=五十嵐大介)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索