南北首脳会談、9月中に開催 文大統領の平壌訪問は初

 韓国と北朝鮮は13日、南北軍事境界線をまたぐ板門店で南北高官協議を開き、南北首脳会談を9月中に平壌で行うことで合意した。文在寅(ムンジェイン)大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が会談を行うのは今年3回目。文氏が平壌を訪問するのは初めてとなる。

 高官協議には、韓国は趙明均(チョミョンギュン)統一相が、北朝鮮は祖国平和統一委員会の李善権(リソングォン)委員長がトップを務める代表団が出席。李氏は協議冒頭で、「北と南の首脳が平壌で再会すれば、今後、民族が望む問題について確実な答えを出せる」と述べ、首脳会談開催に意欲を示した。終了後、両代表団は共同報道文を出し、「南北首脳会談を9月中に平壌で開くことで合意した」と発表した。

 文氏と正恩氏は4月27日に板門店で初の南北首脳会談を行った。その際に合意した「板門店宣言」には、文氏が今秋に平壌を訪問すると盛り込んでいたが、具体的な時期には触れていなかった。文氏と正恩氏は5月26日にも予告なしに板門店で会談を行っている。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索