冒とく罪で8年間収監のキリスト教徒を釈放 パキスタン

冒とく罪で8年間収監のキリスト教徒を釈放 パキスタン

 パキスタンでイスラム教を侮辱したとして冒瀆(ぼうとく)罪に問われ、8年間収監されていたキリスト教徒のアシア・ビビさんが7日、釈放された。冒瀆罪の是非をめぐり事件は内外に大きな波紋を呼び、アシアさんの釈放にもイスラム急進派が激しく抗議している。

 最高裁が先月、アシアさんに無罪を言い渡したが、イスラム教急進派によるデモや殺害予告があったため釈放が遅れていた。情報省などによると、アシアさんは釈放後、首都イスラマバードに移ったが、身の危険があるとして夫や子供と亡命を希望。欧米各国が受け入れに動いている。同じく脅迫を受けているアシアさんの弁護士は一足早く欧州に渡り、亡命の手続きを進めている。

 アシアさんは2009年、イスラム教徒の隣人との口論中に預言者を侮辱する発言をしたとして逮捕され、翌年に地裁で死刑判決を受けた。だが隣人の証言がぶれるなど証拠があいまいで、ぬれぎぬではないかと国際的な批判を浴びた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索