オーストラリアのシドニーで屈指の人気をほこるビーチが21日、一時閉鎖された。新型コロナウイルスの感染者数が日に日に増え、政府が人々が集まる場所を避けるように呼びかけるなか、数千人が海水浴を楽しむ様子が問題になっていたためだ。

 南半球のシドニーでは20日、気温が30度を超える晴天に。シドニー東部のボンダイビーチは海水浴客でにぎわい、その混雑ぶりを地元紙が21日に報じた。

 だが、政府は16日から、感染の広がりを食い止めるために屋外での500人以上の集まりを禁止していた。一般的な指針として、他人との間を1・5メートル以上保つように呼びかけてもいた。

 屋外コンサートなどのイベントと違い、人々がにぎわうビーチを禁止の対象とは理解していなかった可能性もあるが、地元のニューサウスウェールズ州当局は21日、この日も500人以上が集まっていたのを確認してビーチを一時閉鎖。人々に立ち去るよう命じた。