米ウォルト・ディズニーは25日、米国内のテーマパークにある人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」について、アフリカ系(黒人)女性が主人公のアニメ映画「プリンセスと魔法のキス」をテーマにつくりかえると発表した。

 アトラクションは丸太を模したボートに乗り、急流を滑り落ちるスリルなどを楽しむもの。米国で1946年に公開された映画「南部の唄」がテーマになっていた。この映画は黒人の描き方が偏見につながるとの批判が根強く、テーマの変更を求める署名運動が起きていた。

 今後、カリフォルニア、フロリダ両州のテーマパーク内にあるアトラクションの施設を改装する。