JAXA、イプシロンロケット3号機で高性能小型レーダ衛星「アスナロ2」打ち上げ成功

【2018年1月18日 JAXA】

1月18日(木)6時6分11秒(日本標準時)、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から「高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2、アスナロ2)」を搭載したイプシロンロケット3号機が打ち上げられた。

(Youtube動画)

高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2) を搭載したイプシロンロケット3号機の打ち上げ中継の録画(提供:JAXA)

ロケットの光跡
宮崎県都城市からとらえられたロケットの光跡。画像クリックで投稿画像ギャラリーのページへ(撮影:ガンヤンさん)

ロケットは計画どおり飛行し、打ち上げから約52分35秒後に衛星を正常に分離した。衛星は予定していた軌道に投入され、打ち上げは成功した。この打ち上げに伴うロケット雲(夜光雲)が西日本を中心に見られ、Twitterなどに多くの画像が投稿されている。

「アスナロ2」は、国際市場で競争力を持つ小型の地球観測衛星を研究・開発する、経済産業省のプログラム「ASNARO(Advanced Satellite with New System Architecture for Observation)」を通じて開発された衛星だ。570kgという小型軽量ながら、雲を透過する電波を使って昼夜問わず地表を観測することができ、同じ質量の衛星の中で世界最高クラスを誇る高い空間分解能で、地表にある1mの物体を識別できる能力を持つ。

関連記事

アストロアーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索