活発な出現が観測された10月りゅう座流星群

【2018年10月12日 佐藤幹哉さん(日本流星研究会)/国際流星機構/流星電波観測集計センター】

2018年10月8日の深夜(世界時、以下同)、10月りゅう座流星群(通称:ジャコビニ流星群)の活発な出現が観測された。

筆者らが事前に行ったダスト・トレイルモデルの解析では、今年の10月りゅう座流星群は出現自体は期待されるものの、数はさほど多くないだろうとみられていた。しかし、期待以上の出現となったもようだ。

筆者ら3名の観測隊(佐藤幹・佐藤智・土屋)は、アイスランドのフッサフェル(Husafell)郊外にて観測に臨み、10月8日23時〜23時35分の35分間に34個(1時間あたりに換算して58.3個)の流星を眼視にてとらえた。少なくとも21時台〜24時台は活動が活発であったことがうかがえたが、残念ながら明るいオーロラに阻まれ、正確なピークはとらえきれなかった。

10月りゅう座流星群の流星 10月りゅう座流星群の流星
10月りゅう座流星群の流星 10月りゅう座流星群の流星
10月りゅう座流星群の流星
10月りゅう座流星群の流星。オーロラの影響で背景が緑になっている。画像クリックで表示拡大(撮影時刻はファイル名参照)

国際流星機構の速報集計では、23時ごろにZHR(理想的な条件下での1時間あたりの出現数)=127の極大がとらえられている。また、杉本弘文さんによる電波観測の集計では、23時30分ごろにきれいなピークが認められる。

10月りゅう座流星群の出現数グラフ
10月りゅう座流星群の出現数グラフ。横軸は日時(世界時)、縦軸はZHR(理想的な条件下での1時間あたりの出現数)(提供:国際流星機構)

ダスト・トレイルモデルによる極大予報は、23時31分(Vaubaillonさん)、23時34分(Maslovさん)、0時14分(筆者)で、一応近い時間帯での出現となったが、出現規模は予報よりもかなり大きいものであった。今後の詳しい解析が必要となりそうである。

※「星ナビ」12月号(11月5日発売予定)で詳細記事を掲載予定です。


関連記事

アストロアーツの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索