星図

1月中旬ごろ、はくちょう座の長い首の中ほどに位置する、長周期変光星のχ(カイ)星が極大光度になるとみられている。

およそ408日の周期で3等級から14等級まで大きく明るさが変わる変光星だが、周期も極大時の明るさもばらつきがあるため、どの時期にどのくらいまで明るくなるかは実際に観察して確かめたい。3〜4等級まで明るくなれば肉眼でも見え、5〜6等級どまりであったとしても双眼鏡を使えば見つけられるはずだ。はくちょう座はこの時期、宵の西の空か、明け方の東の空に見えるが、いずれにせよかなり低い。星図と見比べながら、特徴的な赤っぽい色を頼りに探してみよう。

星図
宵の見え方