【2020年1月16日 国立天文台】

徳島県の岩本雅之さんが1月9日5時40分ごろ(日本時、以下同)、へびつかい座の領域に約13等級の新天体を発見し、国立天文台に報告した。

岩本さん撮影の発見画像
岩本さん撮影の発見画像(提供:国立天文台リリースページより)

その後の観測により、この天体が新彗星であることが確かめられ、国際天文学連合小惑星センターによって「岩本彗星」(C/2020 A2 (Iwamoto))と命名された。

門田さん撮影の岩本彗星
門田さん撮影の画像。16日4時40分ごろ撮影

岩本さんの新彗星発見は2018年12月の岩本彗星(C/2018 Y1)以来で、今回の彗星は岩本さんの名前が付けられた4個目のものとなる。

岩本彗星は今後、天の川の西を北上し、2月下旬ごろから周極星になる。明るさは14等前後と予想されている。

地平座標の星図 赤道座標の星図
1〜3月の星図(場所の設定は東京)。日付横の括弧内は予想等級。彗星は模式的に表現している。画像クリックで表示拡大(「ステラナビゲータ」で星図作成)