SBK第2戦タイ、ドゥカティのバウティスタが3レースで圧勝。開幕から負け知らずの6連勝果たす

SBK第2戦タイ、ドゥカティのバウティスタが3レースで圧勝。開幕から負け知らずの6連勝果たす

 スーパーバイク世界選手権(SBK)第2戦タイのレース1、スーパーポール・レース、レース2がタイのチャン・インターナショナル・サーキットで行われ、アルバロ・バウティスタ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)が3レースで優勝を飾り、開幕からの連勝を6に積み上げた。

 土曜日に行われたスーパーポールでは、アルバロ・バウティスタ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)がこれまでのポールレコードタイムを更新する1分31秒912でポールポジションを獲得。2番グリッドにはジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)、3番グリッドにはアレックス・ロウズ(パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム)がつけた。

■レース1:バウティスタがレコードブレイクの速さで4連勝飾る
 第2戦タイのレース1は、気温35℃、路面温度47度のドライコンディションで争われた。

 ホールショットを奪ったのはポールポジションスタートのバウティスタだったが、1コーナー立ち上がりで2番手スタートのレイがバウティスタからトップを奪う。先頭に立ったレイ、その背を追うバウティスタに3番手のロウズが続く。

 2周目にファステストを叩き出したバウティスタが3コーナーの突っ込みでレイに並びかけるも、レイがそのポジションを守ろうとした際に2台が交錯。あわや接触しかけたバウティスタがマシンの挙動を乱し、3番手に後退した。しかしバウティスタはすぐに2番手に浮上し、再びレイを追う。

 バウティスタは、一時は1秒以上に開いた先頭のレイとの差を徐々に詰める。7周を終えるころにはその差は0.5秒を切るまでになり、3コーナーのブレーキングではレイに接近。再びレイとのテール・トゥ・ノーズのトップ争いに持ち込んだ。そのラップタイムは、毎周わずかにバウティスタの方が速い。

 そして9周目、1コーナーから3コーナーにかけてバウティスタが一気に加速すると、レイをオーバーテイク。ついにバウティスタがトップに浮上した。レイを交わしたバウティスタはこの周にファステスト、1分32秒724を叩き出すと、さらにその翌周も1分32秒834をマーク。レイを引き離しにかかる。

 レイもバウティスタを追うが、レース中盤の11周終了時点で、トップのバウティスタと2番手のレイとの差は、すでに約0.8秒。その差はじわじわと、しかし確実に開き始めていた。

 一方、3番手争いはロウズとマイケル・ファン・デル・マーク(パタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム)、マルコ・メランドリ(GRTヤマハ・ワールドSBK)とレオン・ハスラム(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)の4台が集団となって争われた。

 そんななか、残り5周を迎えるホームストレートで5番手走行中のメランドリの左サイドと、6番手のハスラムの右サイドが接触。幸いにして双方に転倒はなくそのままレースは続けられた。その後、ハスラムはメランドリを交わして5番手に浮上している。

 残り3周を迎えた時点で、トップのバウティスタとレイの差は4秒以上。すでにバウティスタは独走態勢でトップをひた走っていた。レイは後半にペースを落とし、バウティスタが1分33秒台で周回しているのに対し、1分34秒台のラップタイムであった。

 バウティスタはそのままひとり旅を続け、トップでチェッカー。2019年シーズン開幕戦から負け知らずの4連勝を飾った。また、バウティスタが9周目に記録した1分32秒724は、これまでのレース中のファステストラップレコードを更新するものだった。

 2位にはやはりこちらも開幕戦から4レース連続の2位表彰台獲得となったレイ。3位にはチームメイト、ファン・デル・マークを振り切ったロウズが入った。

 4位にはファン・デル・マーク、5位争いはハスラムが制し、6位にメランドリが続いている。

 モリワキ-アルティア・ホンダ・チームからSBKに参戦している日本人ライダー、清成龍一はレース中にピットに戻り、そのままリタイアを選択している。

 以下、SBK第2戦タイ レース1の順位結果。
■SBK第2戦タイ レース1順位結果(20周)
Pos.No.RiderTeam/MachineTime/Gap119A.バウティスタAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)31'06.05121J.レイカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)8.217322A.ロウズパタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)14.155460M.ファン・デル・マークパタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)14.623591L.ハスラムカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)18.554633M.メランドリGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)18.681711S.コルテセGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)25.603821M.ルーベン・リナルディバーニーレーシングチーム(ドゥカティ パニガーレV4 R)27.627966T.サイクスBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)28.7891054T.ラズガットリオグルターキッシュ・プセッティレーシング(カワサキZX-10RR)32.1531181J.トーレスチーム・ペデルチーニ・レーシング(カワサキZX-10RR)33.0331236L.メルカドオレラック・レーシングVerdNatura(カワサキZX-10RR)33.254132L.キャミアモリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)34.2321428M.ライターベルガーBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)43.041157C.デイビスAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)54.4951699T.ワロコーンカワサキ・タイランド・レーシング・チーム(カワサキZX-10RR)1'15.7581752A.デルビアンコアルティア・ミエ・レーシングチーム(ホンダCBR1000RR)1'25.108RET23清成龍一モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)12 Laps(リタイア)RET50E.ラバティチーム・ゴーイレブン(ドゥカティパニガーレV4 R)18 Laps(リタイア)

■スーパーポール・レースは赤旗提示により終了
 レース1の翌日である日曜、スーパーポール・レースが気温35度、路面温度55度のドライコンディションのもと、行われた。

 好スタートから1コーナーに先頭で飛び込んだのは、レイ。しかし3コーナーへ向かう加速でバウティスタがトップを奪う。3コーナーでレイがバウティスタを交わすが、バウティスタがすぐさまポジションを奪い返し、オープニングラップはバウティスタ、レイ、そしてロウズの順で終えた。

 バウティスタは4周目を終えるころにはレイに対し0.5秒以上のアドバンテージを築くと、独走態勢に入る。バウティスタは1分32秒後半のラップタイムを刻み、2番手のレイは3周目でバティスタを上回るタイムをマークしつつも、その差は次第に開いていく。

 5周目に入るとすでに見た目上にもバウティスタとレイとの差は大きくなり、ぞれぞれ単独走行となる。また、ふたりの後に続く3番手のロウズも、単独でそのポジションを守っていた。その後方の5番手争いでは、ハスラムとメランドリが激しいポジション争いを繰り広げる。

 しかし7周目、赤旗が提示。このためレースは中断し、これをもってレースは終了となった。この赤旗提示は、レオン・キャミア(モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム)とワイルドカード参戦のティティポン・ワロコーン(カワサキ・カワサキ・タイランド・レーシング・チーム)による、3コーナーでのアクシデントが原因だった。

 ワロコーンはメディカルセンターに運ばれ、胸部の損傷や頭部外傷が確認された。その後、ブリーラムの病院に搬送されている。また、キャミアも脛骨脊椎剥離を伴う右膝ねんざを負った。

 スーパーポール・レースの結果は、バウティスタが優勝。2位はレイ、3位がロウズとなった。4位にはファン・デル・マークが入り、5位にはメランドリが続いている。モリワキ-アルティア・ホンダ・チームの清成は、2周目にピットインしてそのままリタイアを喫した。

 この結果により、レース2のグリッド順はポールポジションがバウティスタ、2番手にレイ、3番手にロウズがつくこととなった。

 以下、SBK第2戦タイ スーパーポール・レースの順位結果。
■SBK第2戦タイ スーパーポール・レース順位結果(6周)*赤旗提示により終了
Pos.No.RiderTeam/Machine119A.バウティスタAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)21J.レイカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)322A.ロウズパタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)460M.ファン・デル・マークパタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)591L.ハスラムカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)633M.メランドリGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)711S.コルテセGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)87C.デイビスAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)954T.ラズガットリオグルターキッシュ・プセッティレーシング(カワサキZX-10RR)1066T.サイクスBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)1121M.ルーベン・リナルディバーニーレーシングチーム(ドゥカティ パニガーレV4 R)1236L.メルカドオレラック・レーシングVerdNatura(カワサキZX-10RR)1381J.トーレスチーム・ペデルチーニ・レーシング(カワサキZX-10RR)1428M.ライターベルガーBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)1552A.デルビアンコアルティア・ミエ・レーシングチーム(ホンダCBR1000RR)NC99T.ワロコーンカワサキ・タイランド・レーシング・チーム(カワサキZX-10RR)NC2L.キャミアモリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)RET23清成龍一モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)NS50E.ラバティチーム・ゴーイレブン(ドゥカティパニガーレV4 R)

■レース2:バウティスタがレイに10秒以上の大差をつけ、タイで3連勝を飾る
 スーパーポール・レース後、スーパースポーツ世界選手権(WSS)の決勝レースを挟み、SBKのレース2は気温36度、路面温度52度のドライコンディションのもと、始まった。このレースでは技術トラブルによりユージン・ラバティ(チーム・ゴーイレブン)が、また、スーパーポール・レースのクラッシュでの負傷によりキャミアとワロコーンが欠場している。

 スタートからリードを守ったのは、ポールポジションスタートのバウティスタ。2番手にレイ、3番手にロウズが続く、この週末に何度も見せた展開がオープニングラップから繰り広げられる。

 3番手のロウズは4番手スタートのファン・デル・マークに3コーナーでインに入られかけるも、立ち上がりでポジションをキープ。逆にファン・デル・マークはハスラムに交わされ、5番手に後退してしまう。

 序盤からハイペースで飛ばすバウティスタは、2周目を終えるころにはレイに対し約0.9秒ものアドバンテージを築いていた。バウティスタはペースを緩めず、3周目にファステストを叩き出すと、独走態勢に入る。

 2番手レイ、3番手ロウズが続くなか、4番手争いが激化していく。4番手を争うのはハスラムとメランドリ、ファン・デル・マーク、コルテセ、そしてチャズ・デイビス(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)だ。

 7周目、ファン・デル・マークがハスラムのインを突いてオーバーテイク。4番手に浮上する。この集団の最後方につけていたデイビスもコルテセを交わし、7番手に浮上。4番手争いを展開するファン・デル・マーク、ハスラム、メランドリを追う。

 しかしデイビスは8周目の4コーナーで突然ラインを外すと、スローダウン。そのまま戦線に復帰することなく、リタイアとなった。デイビスがリタイアしコルテセが遅れ、4番手争いはファン・デル・マークとハスラム、メランドリにしぼられる。

 レース折り返しの10周目を終えて、トップは変わらずバウティスタ。2番手のレイに対し、すでに4秒以上の差をつけて周回を重ねていた。

 バウティスタは最後にはレイに対し10秒以上もの大差をつけ、トップでチェッカー。第2戦タイの3レースすべてで勝利を収め、開幕戦から6連勝を飾った。2位にはレイ、3位にはロウズが入り、それぞれ表彰台を獲得。今週末、チャン・インターナショナル・サーキットで行われたSBKの3レースすべて、同じ顔触れが同じ順番で表彰台に上がることになった。

 4位には中盤の接戦を制したファン・デル・マーク、5位にはハスラム、6位にはメランドリが続いている。

 レース1、スーパーポール・レースともに途中リタイアとなった清成は、レース2では完走を果たし、12位でフィニッシュした。また、トム・サイクス(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)は4周目にマシンをコース脇に止め、そのままリタイアとなった。

 SBKのレース2の前に開催されたWSSの決勝レースでは、大久保光(Kawasaki Puccetti Racing)が4番グリッドからスタート。序盤は3番手に追い上げるシーンも見せた。

 WSSのトップ争いはジュール・クルーゼル(GMT94 YAMAHA)、ランディ・クルメンナッハ(BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team Y)、フェデリコ・カリカスロ(BARDAHL Evan Bros. WorldSSP Team Y)によって激しい戦いが繰り広げられ、最後にはクルーゼルがトップでチェッカー。2位にはクルメンナッハが入り、3位はカリカスロが獲得した。

 大久保は自己ベストタイとなる6位でフィニッシュを果たしている。

 以下、SBK第2戦タイ レース2の順位結果。

■SBK第2戦タイ レース2順位結果(20周)
Pos.No.RiderTeam/MachineTime/Gap119A.バウティスタAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)31'05.59021J.レイカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)10.053322A.ロウズパタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)12.368460M.ファン・デル・マークパタ・ヤマハ・ワールドSBKチーム(ヤマハYZF-R1)17.378591L.ハスラムカワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK(カワサキZX-10RR)17.518633M.メランドリGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)18.925711S.コルテセGRTヤマハ・ワールドSBK(ヤマハYZF-R1)23.281821M.ルーベン・リナルディバーニーレーシングチーム(ドゥカティ パニガーレV4 R)28.444954T.ラズガットリオグルターキッシュ・プセッティレーシング(カワサキZX-10RR)33.1561081J.トーレスチーム・ペデルチーニ・レーシング(カワサキZX-10RR)33.2241128M.ライターベルガーBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)40.1641223清成龍一モリワキ-アルティア・ホンダ・チーム(ホンダCBR1000RR)53.5111352A.デルビアンコアルティア・ミエ・レーシングチーム(ホンダCBR1000RR)1'08.576RET7C.デイビスAruba.it レーシング-ドゥカティ(ドゥカティ パニガーレV4 R)13 Laps(リタイア)RET66T.サイクスBMWモトラッド・ワールドSBKチーム(BMW S1000RR)17 Laps(リタイア)RET36L.メルカドオレラック・レーシングVerdNatura(カワサキZX-10RR)スタートできずRET50E.ラバティチーム・ゴーイレブン(ドゥカティパニガーレV4 R)スタートできず


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索