レッドブル・ホンダF1密着:メルセデスにプレッシャーをかけるまでに進歩したホンダPU。速さと信頼性にたしかな手応え

レッドブル・ホンダF1密着:メルセデスにプレッシャーをかけるまでに進歩したホンダPU。速さと信頼性にたしかな手応え

「ホンダは冬の間に素晴らしい仕事をし、われわれが望んでいたパワーユニット(PU)を準備してくれた。信頼性が大きく向上しただけでなく、エンジンパワーも期待した通りだった。今日はマックス(・フェルスタッペン)がそれを効果的に使い、表彰台を獲得することができた」

 2019年F1開幕戦オーストラリアGP。58周のレースを3位でチェッカーフラッグを受けたレッドブル・ホンダのクリスチャン・ホーナー代表はそう言って、ホンダを称えた。

 レースはメルセデス、フェラーリ、レッドブルというトップ3チームによる見応えのある戦いとなった。

 4番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、ポジションをキープして、オープニングラップのコントロールラインを4番手で通過。前を走る3番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と2番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)が14周目と15周目に相次いでピットインしても動ぜず、ピットストップを25周目まで引っ張る。

 ピットアウトしたフェルスタッペンの前には、11周走り込んだタイヤでペースが上がらないベッテルが。しかし、ここでフェルスタッペンは慌てず、タイヤに無用なダメージを与えないように慎重にギャップを縮め、6周後にチャンスが訪れると一気に抜いた。

 そのオーバーテイクをホーナー代表は「ここでは追い抜きが難しいことは、今日のレースでオーバーテイクがほとんど見られなかったことでもわかると思う。今日のマックスは、卓越したパフォーマンスを見せてくれた」と賞賛した。

■ようやく掴んだ表彰台にホンダ製パワーユニット開発メンバーも大きな自信

 その後、フェルスタッペンはメルセデスのハミルトンに迫る。残念ながら、オーバーテイクするまでには至らなかったが、ホンダ製パワーユニット搭載車がレースでメルセデスのハミルトンにプレッシャーをかけたのは、2015年にホンダが復帰して以来、初めてのことだった。28周にもわたって、ハミルトンにプレッシャーをかけ続けたフェルスタッペンはこう語った。

「今日はレース中ずっと速さがあった。それが去年と比べて、実に大きな進歩だ。ほかのトップ2チームと最高速を比べると、本当にうれしい驚きだ。信頼面でもパワーユニットは週末を通じてまったく不具合が出さず、安定して高い性能を発揮してくれた」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも今回の結果を次のように評価した。

「正直、うれしいです。レースはパワーユニット単体で戦っているわけではないので、この結果はチームやドライバーとの共同作業で得たもの。とはいえ、いままで4年間やってきて、ホンダは一度も表彰台に上がっていなったので、自分たちのパワーユニットを搭載したクルマが表彰台に上がったということは、明らかに一歩前進。特に長い間、開発してきたメンバーにとっては大きな自信となると思う」


 開幕戦での表彰台はホンダにとって復帰後、もちろん初だが、もう1チームのパワーユニットを供給しているトロロッソのダニール・クビアトもこの日10位に入賞。じつは15年に復帰以降、ホンダPU搭載車が開幕戦で入賞することも初めてだった。

「今年から2チーム4台体制で臨み、その4台がすべて完走し、そのうち2台がポイントを取り、良いシーズンのスタートが切れた」と田辺TDは語った。

 2週間後のバーレーンGPが楽しみな、開幕戦のホンダPU勢のパフォーマンスだった。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索