リカルド、母国でのリタイアに意気消沈「ウイング脱落なんて、本当についてない」:ルノー F1オーストラリアGP日曜

リカルド、母国でのリタイアに意気消沈「ウイング脱落なんて、本当についてない」:ルノー F1オーストラリアGP日曜

 2019年F1オーストラリアGP決勝を、ルノーのダニエル・リカルドはリタイアで終えた。スタート直後、ターン1へのアプローチで芝の上にはみ出した際、“大きな溝”を乗り越え、その衝撃でフロントウイングが脱落。すぐにピットに入り、ノーズ交換を行ってコースに復帰したが、最後尾まで落ち、大きくポジションを上げることなく28周でレースを終えた。チームは、マシンがダメージを受けたため、予防的措置でリタイアさせたと説明している。

■ルノーF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=リタイア
 もう本当にガッカリだよ。いいスタートを切って(セルジオ・)ペレスに並びかけ、右方向へクルマを寄せた。片輪がグリーンに落ちたけど、別に問題はないと思っていた。そこでいきなり大きなバンプをヒットしたんだ。アンラッキーとしか言いようがない。そして残念なことに、僕のレースはそこで終わってしまった。すべてがあっという間だった。こんなかたちで終わることになって悔しいよ。レースではニコ(・ヒュルケンベルグ)が、このクルマにトップ8に入る力があることを証明した。バーレーンでは、トラブルのない週末と好成績を目指したいね。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索