賞金総額“1億円”。GT3がフルパフォーマンスで戦うスーパーカーレースシリーズ、2019年も開催決定

賞金総額“1億円”。GT3がフルパフォーマンスで戦うスーパーカーレースシリーズ、2019年も開催決定

 FIA-GT3マシンなどがBoP(性能調整)なしに、そのパフォーマンスを全開まで引き出して戦う『FUSION COIN SUPER CAR RACE SERIES(フュージョンコインスーパーカーレースシリーズ)』の2019年開催概要が発表された。2019年は全2大会4戦で構成され、このうち第1〜2戦はWEC世界耐久選手権のサポートレースとして行われる。

 JGTC全日本GT選手権やスーパーGTを戦った竹内浩典が主催しているスーパーカーレースシリーズは、GT3マシンやカップカーなどで争われるもの。その最大の特徴は、ほかのシリーズでは一般的なBoPが一切課されない点にある。

 世界中のレースで使用されているGT3やGT4、TCRといったカスタマー向け車両は、各車両ごとに異なるパフォーマンスを均一化させ、接近したレースが展開されるよう、車両重量やリストリクターなどで性能を調整した状態でレースを戦っている。

 しかし、スーパーカーレースシリーズでは、そのBoPを採用せず、各車両が本来持つフルパフォーマンスを引き出せる状態でレースが行われている。こういった取り組みは世界でも例がなく、世界で唯一“フルパワー・フルパフォーマンス”のレースになっていると言ってもいい。

 もちろんレースがワンサイドゲームにならないよう、BoPの代わりに車両パフォーマンスやドライバーのランク(プロ、アマチュアなど)によって設定されたピットストップハンデが設定されている。

 このBoPなし&ピットストップハンデの組み合わせで、白熱したレースが展開されるのがスーパーカーレースシリーズの魅力だ。

 そんなスーパーカーレースシリーズの2019年シーズンは、第1〜2戦が10月5〜6日に、第3〜4戦が12月14〜15日に、いずれも富士スピードウェイで開催される。先に述べたとおり、第1〜2戦はWEC富士6時間耐久レースとの併催だ。

 レーススケジュールは土曜日午前中に予選、午後にレース時間40分の1戦目、翌日曜日に同じく40分の2戦目が行われる。2戦目のスターティンググリッドは1戦目リザルトのリバース順となる。

 クラスは全部で4つ。GT3で争われる1クラス、カップカーの2クラス、GT4、TCRの3クラス、ミニ・チャレンジや富士チャンピオンレース参戦車の4クラスが設定されている。ただ、これらの車両はあくまでも一例で、ピレリスーパー耐久に参戦できるホンダS2000、ミツビシ・ランサーエボリューションなどでも参加可能という。使用タイヤはピレリのワンメイクだ。

 この2019年からレーススポンサーに仮想通貨『フュージョンコイン』が就任し、仮想通貨で総額1億円分の賞金が用意されるのも大きなトピックスだ。賞金は各レースやシリーズでクラス10位までに用意されほか、ピットストップ賞といった賞典も用意される。

 開幕戦への参加募集受付は6月頃にスタートする予定。詳しい参戦概要はスーパーカーレースシリーズのホームページをチェックしてほしい。

 世界で唯一、カスタマー向けマシンのフルパフォーマンスを堪能できるスーパーカーレースシリーズ、レース好きなら1度はチェックしておきたいレースと言えそうだ。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索