F1、2021年からの規則を3月26日に発表。「方向性については合意を得た」とキャリー

F1、2021年からの規則を3月26日に発表。「方向性については合意を得た」とキャリー

 F1は2021年シーズンから適用される、技術と財政面における新たな規則のパッケージを、バーレーンGPの週末が始まる前の3月26日に発表する。

 新規則は総合的な内容の完成までに長い時間がかかっていたが、ロンドンで開催が予定されているストラテジーグループと、F1委員会のミーティングにおいて、リバティ・メディアがチーム側に向けて発表を行なう。

「世界的なパッケージとして、準備ができているはずだ」とFIA会長のジャン・トッドは、F1のチェイス・キャリーCEOとの合同記者会見で語った。

「商業面と財政面は、どちらもF1が責任を負うべき部分である。我々はコストをコントロールするという、新しく発達したイニシアチブを持つことになる」

「エンジンのレギュレーションは数日前にチームに向けて送られた。それからシャシーのレギュレーションと、運営についてのレギュレーションも用意している」

「これらすべては異なる章として取り組んできており、3月26日に、チームと共に最終的なパッケージの協議を行なう手はずとなっている」

 最近行なわれたチームとの話し合いは、F1とFIAにとっての励みになったとキャリーは述べている。すべての関係者が、今回の大幅な規則変更について良いかたちでの大きな進歩を遂げており、協議では合意的なアプローチが多くを占めていたという。

「方向性については、すべてにおいて全体的に合意が得られたと思っている」とキャリー。

「10チームがあるので、詳細については十通りの異なる見方がある。つまり、そうしたことを徹底的に議論してきたのだ」

「正しい妥協点を探り出そうとすることは、この世界では珍しいことではない。しかし、2021年開幕からF1が頼れるプラットフォームを提供するというこの機会に、我々は興奮している」


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索