SBK第2戦タイの3レースで2位フィニッシュのレイ「フロントエンドの安定性に苦しんでいた」

SBK第2戦タイの3レースで2位フィニッシュのレイ「フロントエンドの安定性に苦しんでいた」

 スーパーバイク世界選手権(SBK)第2戦タイは開幕戦に引き続き、アルバロ・バウティスタ(Aruba.it レーシング-ドゥカティ)が席巻した。ディフェンディングチャンピオンのジョナサン・レイ(カワサキ・レーシングチーム・ワールドSBK)は3レースすべて2位でフィニッシュ。SBKの4連覇王者の未勝利が続いている。

 チャン・インターナショナル・サーキットで行われた第2戦タイは、3レースでトップを独走して優勝を飾ったバウティスタに対し、レイは水をあけられて2位フィニッシュをする形となった。

 レース1では序盤こそ2番グリッドからレースをリードしたレイだったが、9周目にバウティスタに交わされるとそのまま差を広げられた。バウティスタはこれまでのファステストラップのレコードタイムを更新する速さで独走優勝を飾り、レイは単独で2位フィニッシュ。トップのバウティスタと2位レイの差は約8秒だった。

「バイクにはいい感触を得ているし、このパッケージで最大限の形を得たから、明日が楽しみだよ。自分の努力をとても誇りに思っているし、楽しんでもいる。残念ながらその努力が結果に反映されなかったけどね」

 そう語るレイは、レース1での2位は現状のベストの結果だったと言う。

「明日にはもう少し改善できるだろう。けれど、今日のパッケージでは、これがベストだった。レース終盤には、(2位で獲得できる)20ポイントを持ち帰ることを考えて始めていたんだ」

 一方で、翌日のレースについては期待を感じさせていた。日曜には10周の超スプリントレース、スーパーポール・レースと20周で争われるレース2が行われる。

「明日のレース、特にスプリントレース(スーパーポール・レース)が楽しみだよ。僕はその10周のなかで、最後まで強さを維持して戦えると思う」

 ただ、スーパーポール・レースもレイの期待どおりにはならなかった。7周目に3コーナーで発生したアクシデントの影響で赤旗が提示され、そのままレースが終了となるまで、バウティスタの先行を許した。

 レース2でもレイは再びバウティスタのひとり旅を許し、最後にはバウティスタとレイとの差は10秒以上に開いていた。第2戦タイの3レース、そして開幕戦から6連勝を飾るバウティスタに対し、レイは6レース連続2位。ポイント差は26となった。レース2の結果について、レイはやはりこの日も「今日は2位がベストだった」とコメントしている。

「最後にはアレックス(・ロウズ)のプレッシャーを受けたけれど、2位を得られた」

「今週末、僕たちはフロントエンドの安定性に少しばかり苦しんでいたんだ。特にレース2の後半では、フロントが少し動いていた。セクターでは力強かったんだけどね」

「(今回は)49ポイントを稼ぐことができた。ヨーロッパではさらに力強いレースができるようにしていきたいね」

 バウティスタの後塵を拝しているレイ。一方で見方を変えれば、そのとき自身が獲得しうるベストの2位を獲得し続けているとも言えそうだ。第3戦アラゴンから始まるヨーロッパラウンドで、反撃開始となるか。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索