SBK第2戦タイ、清成のリタイアは「バイクの振動」が原因。チームメイトのキャミアは転倒で負傷

SBK第2戦タイ、清成のリタイアは「バイクの振動」が原因。チームメイトのキャミアは転倒で負傷

 2019年シーズン、スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦するモリワキ-アルティア・ホンダ・チーム。日本人ライダーの清成龍一、レオン・キャミア擁するチームだが、第2戦タイでは厳しい戦いに終始した。

 清成はレース1でマシントラブルによりリタイアを余儀なくされた。レース序盤からマシンの振動に悩まされ、8周目にピットイン。そのままリタイアとなった。

「残念ながら、このレースについて言えることは多くはありません。レース序盤から振動があり、バイクに乗ることが本当に難しかったです。何度かラインを外して大回りになりました。この週末はセッションごとにペースを改善していますから、前向きにとらえていきたいと思います」

 迎えた翌日、清成はウォームアップでこの週末の自己ベストをマーク。しかしスーパーポール・レースのオープニングラップで再び清成のマシンにトラブルが発生し、清成はレース1に続き、マシントラブルによってリタイアを喫した。

 しかしその後行われたレース2では17番グリッドからスタートし、5つポジションを上げて12位でフィニッシュ。今季ベストリザルトを獲得した。

「バイクと自分自身のラップタイムについて、少し前進したという点はポジティブでした。もちろん、まだ十分ではありませんが、前進し続けています。残念ながら、レース中は(ウォームアップと)同じように感じられず、とても不満でした。ベストを尽くすように努力しましたが、今週末のレースに満足しているとは言えません」

「マシンを理解することができ、自分のライディングスタイルと、バイクのセットアップについて、さらに改善できそうです。さらなる改善に向け、作業を続けていきます」

 一方、清成のチームメイトであるキャミアにとっても第2戦タイは不運のレースとなった。スーパーポール・レースの7周目、キャミアの前を走っていたティティポン・ワロコーン(カワサキ・タイランド・レーシング・チーム)が3コーナーで転倒。キャミアはこれを避けられず、ワロコーンに接触して転倒を喫した。レースはこのアクシデントにより、赤旗が提示され、そのまま終了となっている。

 キャミアは激しく右ひざを打ち、メディカルセンターの診断によりレース2のグリッドには並ばなかった。キャミアはヨーロッパに戻ったのち、さらなる検査を受ける予定だという。キャミアは転倒時の様子をこのように語っている。

「僕の前で、ワロコーンと(レアンドロ・)メルカドが接触したのだと思う。ワロコーンが転倒して、僕は不運にもどこにも避けられず、ワロコーンに当たってクラッシュしてしまった。ワロコーンの状態を見て、すぐにレースを中断させようとした。彼が無事であることを願っているよ」

 開幕戦、第2戦と、モリワキ-アルティア・ホンダ・チームにとって苦しい戦いが続いている。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索