全日本F3:ThreeBond Racing、“重要な問題”によりエナム・アーメドとの契約を解除

全日本F3:ThreeBond Racing、“重要な問題”によりエナム・アーメドとの契約を解除

 全日本F3選手権に参戦するThreeBond Racingは3月18日、2019年の全日本F3選手権に向け起用を発表していたエナム・アーメドについて、「契約上で重要な問題が生じたため」契約を解除したと発表した。代わりとなる12号車のドライバーについては、近日中に発表されるという。

 ThreeBond Racingは2019年に向け、全日本F3選手権に2台体制で参戦することを発表しており、昨年までFIAヨーロピアンF3にハイテックGPから参戦していたアーメドを12号車に、移籍加入となる三浦愛を13号車のドライバーとして起用するとしていた。

 アーメドはすでに3月5〜6日に鈴鹿サーキットで行われた合同テストにも参加していたが、ThreeBond Racingは3月18日、アーメドとの間で「契約上で重要な問題が生じたため、12号車のドライバーは一旦白紙となりました」とFacebookページ上で告知した。

 代わりとなる12号車のドライバーについては、近日中に発表されるという。また、三浦の13号車のドライブについては変更はない。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索