ウイリアムズF1、マゼピンの父が主要株主を務めるロシア企業が買収との噂。企業側は否定

ウイリアムズF1、マゼピンの父が主要株主を務めるロシア企業が買収との噂。企業側は否定

 ロシアの巨大科学企業であるウラルカリは、同社の主要株主であるドミトリー・マゼピンが、ウイリアムズF1の株式取得に向けて交渉をしているという報道を否定した。

 イタリアでの報道によると、ロシアの億万長者であるドミトリーはウイリアムズへの投資を目論んでおり、F2参戦中で急成長中の20歳の息子、ニキータ・マゼピンのF1昇格への手段として、チームの支配権を手にしようとしているという。

 報道のなかでは、中国GPにおいてドミトリーがウイリアムズの代理人らと顔を合わせたとされている。しかしウラルカリはこの噂を一蹴。ウイリアムズとの交渉についても否定した。

「メディアが報じた情報は真実ではない。ウラルカリはウイリアムズ買収に関する交渉は、何も行なっていない」とウラルカリ側は述べている。

 ドミトリーはウラルカリを通して、今もフォース・インディアの管財人と係争中だ。彼は2018年夏にフォース・インディアへの入札を行なったものの、チームは最終的にローレンス・ストロール率いるコンソーシアムに売却されることになった。

 ドミトリーは当時、売却プロセスに欠陥があったと主張しており、後に法的手続きを開始したものの、現在も未解決となっている。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索