「フェルスタッペンとの接触は僕のミス。すぐ謝罪した」とベッテル。フェラーリ代表は「いい仕事が台無し」とコメント

「フェルスタッペンとの接触は僕のミス。すぐ謝罪した」とベッテル。フェラーリ代表は「いい仕事が台無し」とコメント

 2019年F1イギリスGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、クラッシュの影響で16位に終わった。

 ベッテルは、6番グリッドからソフトタイヤでスタート、セーフティカー出動時の20周目にハードに交換し、3番手で復帰。しかし37周目にマックス・フェルスタッペンにオーバーテイクされた直後、抜き返そうとしたベッテルは、レッドブルのリヤにヒット。その結果、ベッテルは、フロントウイングを交換するためにピットに戻らなければならず(タイヤはミディアムに交換)、スチュワードから接触の責任ありと判断されて、10秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科された。

 チーム代表マッティア・ビノットはこの一件について「レース中、セブはいい仕事をしていたのに、フェルスタッペンとバトルしていた時に犯したミスで、それが台無しになったのが残念だ」とコメントしている。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=16位
 まず、マックスとのインシデントについて話すと、あれは僕のミスだ。レース後、彼のところに話に行き、謝罪した。

 あの時、イン側にギャップができると思ったんだが、そうはならなかった。一瞬、彼が中央に寄りつつあるように思えたけれど、実際には左側にとどまった。それが分かった時にはもう遅かった。近づきすぎていて、クラッシュを避けられなかったんだ。

 この数戦、フェラーリとレッドブルの力は拮抗している。いずれにしても今日はマックスに勝つのは難しかったと思う。

 それ以外のことについて言うと、僕らのレースペースはとてもよかった。序盤は好調で、セーフティカーを利用して3台の前に出ることができた。今日は優勝できたとは思わない。でも1ポイントも獲れなかったことにがっかりしている。

(formula1.comに対してクラッシュの状況を説明し)彼はストウで僕を追い抜いた後、少しワイドになったので、挽回のチャンスだと思った。彼が右側に寄って左側にギャップができると思って飛び込んだら、ギャップがなかった。僕のミスだ。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索