フェラーリF1、レッドブル・ホンダの改善を警戒。「トップ2を争い、非常に拮抗している」と認める

フェラーリF1、レッドブル・ホンダの改善を警戒。「トップ2を争い、非常に拮抗している」と認める

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、レッドブル・ホンダは改善を示しており、トップ2を争ってフェラーリと拮抗していると考えている。

 第9戦オーストリアGPと第10戦イギリスGPにおいて、レッドブル・ホンダはフェラーリと争うことができていた。ビノットは、レッドブル・ホンダがグリッド上でトップ2のチームになりつつあると考えているだろうか?

 イギリスGPの決勝レース後、ビノットはパドックで「彼らは明らかに改善を見せている」と記者団に語った。

「直近の2戦を見てみれば、実際のところ彼らはオーストリアで優勝したし、シルバーストンでは非常に競争力があった」

「我々と彼らのパッケージは非常に近いものだと思うし、過去2戦がそのことを示している。彼らがトップ2のチームか? それとも我々がトップ2か? 我々は非常に拮抗していると考えている」

「結局のところ、我々はさらに改善する必要があることからも、さらに士気が上がっている。どのコースであろうとすべてのレースで優勝を争うことのできる力を持つ必要があるが、今日はそうすることができなかったし、その点では非常に期待はずれであったことは間違いない」

「そして予選後、私は『今日はより良い結果を期待している』と言ったが、ペースが十分ではなかった。改善すべき点は多々あると考えている」

 シャルル・ルクレールはイギリスGPを3位でフィニッシュした。一方チームメイトのセバスチャン・ベッテルは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)に追突し、周回遅れの16位となった。

 またフェラーリのドライバーたちは、ソフトタイヤでレースをスタートした。ビノットはこの戦略について、誤ったものではなかったと主張している。

「少なくとも間違った選択ではなかったと言えると思う」

「ドライバーたちと話し合ったが、シャルルはレースのスタート時に良いペースを出していた。とにかく彼はタイヤが摩耗しないように労っていたし、ペースを維持することができていた。後方のドライバーたちよりも速かったのだ。我々は正しい選択をしたと考えている」


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索