DTM第8戦ニュルブルクリンク:ラストがレース1を完勝しタイトルに王手。ミュラーは痛恨のフライング

DTM第8戦ニュルブルクリンク:ラストがレース1を完勝しタイトルに王手。ミュラーは痛恨のフライング

 ニュルブルクリンクで開催されているDTMドイツ・ツーリングカー選手権第8戦。14日に行われたレース1は、ポイントリーダーのレネ・ラスト(アウディRS 5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・ロズベルグ)がポール・トゥ・ウインで勝利し、タイトルへ一歩近づいた。

 残り2ラウンドとなった2019年のDTM。第8戦の舞台はニュルブルクリンクのGPコースだ。

 前日から好調を見せていたポイントリーダーのラストは、予選でも抜群の強さを見せ1分19秒642で今シーズン7度目となるポールを奪取。ボーナスポイントの3ポイントを手に入れる。

 20ポイント差のランキング2位でラストを追うニコ・ミュラー(アウディRS 5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・アプト・スポーツライン)は、予選3番手。ふたりの間にはBMWのブルーノ・シュペングラー(BMW M4 DTM/BMWチームRMG)が入った。


 晴天の下、レース1はスタートを迎え、ポールポジションのラストがトップをキープ。シュペングラーは少し遅れ、2番手にミュラーが上がり、4番手スタートのマイク・ロッケンフェラー(アウディRS 5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・フェニックス)もシュペングラーを1コーナーで交わしていく。

 ラストを追いたいミュラーだったが、ジャンプスタートで痛恨のペナルティが科せられる。ミュラーは3周目終わりでピットインし大きく後退する。

 トップを走るラストは、2番手のロッケンフェラーと共に16周でタイヤ交換へ。24周目に再びトップに浮上すると、レースをリードしていく。

 2番手のロッケンフェラーは、マシントラブルで戦線離脱。代わってシュペングラーが2番手に浮上する。



 11番手スタートだったマルコ・ウィットマン(BMW M4 DTM/BMWチームRMG)は、徐々にポジションをアップしていき、ピットストップを終えるとジェイミー・グリーン(アウディRS 5 DTM/アウディ・スポーツ・チーム・ロズベルグ)とポジション争いを行う。

 ここ数戦厳しいレースを強いられているウィットマンだが、気を吐いてグリーンのインを1コーナーで差し、実質3番手を手に入れる。

 盤石の態勢でレースをコントロールしたラストは、10秒の差をつけて6勝目となるトップチェッカーを受けた。2位のシュペングラーはノリスリンク戦の勝利以来となる表彰台。3位はウィットマンが獲得した。


 ミュラーは結局15位でレースを終え、予選のボーナスポイント1ポイントのみ。ラストとの差は47ポイントと大きく開いてしまい、レース2でラストがミュラーより9ポイント多く獲得できれば、最終戦を前にチャンピオンが決定する。

「完璧な一日だ。ポールポジションを獲得し、優勝。そしてチャンピオンシップのリードを広げることができた。47ポイントというギャップにとても満足しているよ。明日タイトルを獲得できることを願うばかりだね。しかし、そのためにも明日も奮い起こさないといけないね」とラストは喜びを語った。


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索