ルノーF1、2021年にはトップ争いに加わることを目指す。「オコンが力になってくれると信じている」

ルノーF1、2021年にはトップ争いに加わることを目指す。「オコンが力になってくれると信じている」

 ルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2021年にはルノーのドライバー・アカデミーから才能ある若手をF1に昇格させたいと語った。また、そのころに彼のチームが現在のビッグ3チームを相手にトップ争いができるよう、新加入するエステバン・オコンの協力も得て、取り組みを続けていくという。

 2020年のルノーはチームを率いるドライバーとして、ダニエル・リカルドとオコンの力に頼ることになる。しかしエンストンの拠点では、将来的に育成ドライバーを起用できる状況にシフトしていくため、若手ドライバーに全力でのサポートを行っている。

「ダニエルのような熟練したドライバーを手に入れる機会に巡り合ったとき、それを生かすことが重要だと思った」と、2019年に向けてオコンを起用しなかった事情について、アビテブールは説明した。

「正直に話せば、そうした力を手にした今は、新たな人材を入れるべきタイミングだと考えている。そしてそれは、チーム全体にとっての傾向なのだと思う」

「我々はアカデミーで若手ドライバーたちに投資をしており、2021年には、そのなかからひとりでも(F1に)送り込む可能性があることを期待している」

「つまり、それは内部の原動力をシフトするという話にもなる。我々のドライバーラインアップにおいて、若手ドライバーを歓迎できるよう準備を整えておくということだ」

「2年前にはできなかったことだ。けれどもチームはより成熟しており、今では明確に思い描くことができるようになっている」

「そして、そうしたことも管理できるのかどうかを見るのに良いテストとなる。なぜならそれは、また別のかたちの管理になるからだ。20歳や22歳のドライバーの管理をするのと、30歳の者を管理するのは、また違う」


 FIA-F2参戦中のルノーの若手のなかでトップレベルにあるのは、カンポスのジャック・エイトケンとユニ ヴィルトゥオーシのチョウ・グアンユーだ。先日スパ・フランコルシャンで悲劇的な事故に見舞われて死亡したアントワン・ユベールも有望とみなされていた。

 誰がF1に昇格するか、また実際に昇格があるかどうかは別として、F1のレギュレーションが改変される2021年には、現在メルセデス、フェラーリ、レッドブルが繰り広げているトップ争いにルノーが加わることをアビテブールは望んでいる。また、2020年に加入するオコンがチームの助けになることへの期待も示している。

「我々は短期的に結果やパフォーマンスを要求される世界にいる。しかし彼らは極めて評価が高く、資金も多く、しっかりとした組織だ。トップ3に加わるのはとても難しい」とアビテブール。

「しかし我々はそうしたことのために奮闘しており、エステバンは助けになってくれると信じている」

「2020年と2021年にすべきことをのなかでバランスを取り続けていく。2021年には大きな変更があるため、リソースをどう割いていくかという点を、注意深く考えなければならないのだ」

「エステバンもそのことは認識している。他の多くのチームと異なる部分はないが、我々に学びの機会をもたらすだろう。2020年に一丸となってきちんと仕事にあたっていけば、2021年には完全なアタックモードに入れる」


関連記事

オートスポーツwebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索