1月15日、レッドブル・ジュニア・チームは角田裕毅とリアム・ローソンがニュージーランドで開催されるカストロール・トヨタ・レーシング・シリーズに参戦することを発表した。両者はM2コンペティションに所属することになる。

 2020年シーズンのトヨタ・レーシング・シリーズでは、新しいマシン『FT-60』が導入される。これまで使われていた『FT-40』や『FT-50』と同様にシャシーはタトゥース製、エンジンはトヨタの『Toyota 8AR-FTS』だ。

 2015年にはランス・ストロール、2016年にはランド・ノリスといった現在のF1ドライバーもタイトルを獲得しているこのトヨタ・レーシング・シリーズへの参戦が決まった角田は、レッドブル・ジュニア・チームの公式サイトに次のようにコメントを寄せた。

「素晴らしいチャレンジですし、5ラウンドを楽しみにしています」

「とても楽しいとは思いますが、僕は非常に真剣に取り組むことになります。昨年はヨーロッパでレースをしてたくさんの経験を積み、多くのことを学び、ミスもしました」

「今年は一歩前進してスタートしようと決めました。各週末にレースが3回あるので、すべてのレースでしっかりとポイントを獲ることが必要です。昨年は常にそれができていたわけではなかったので、自分の一貫性も改善する必要があります」

「明日から(開幕戦のテストセッションが)スタートしますが、マシンに乗っている時間をうまく使いたいです。そうすれば僕たちは予選で良い状況を迎えることができるはずです」

 角田のチームメイトとなる17歳のローソンは、トヨタ・レーシング・シリーズのディフェンディングチャンピオンだ。2019年は角田と同様にFIA-F3に参戦し、ランキング11位でシリーズ終えていた。

 また過去には同じニュージーランド人で、現在はスーパーGTやスーパーフォーミュラなどでも活躍するニック・キャシディが2012年と2013年にトヨタ・レーシング・シリーズ連覇を達成している。

■2020年カストロール・トヨタ・レーシング・シリーズ カレンダー
Round開催地日程1ハイランド・モータースポーツ・パーク1月17〜19日2テレトンガ・パーク1月24〜26日3ハンプトン・ダウンズ・モータースポーツ・パーク1月31日〜2月2日4プケコヘ・パーク・レースウェイ2月7〜9日5マンフィールド-サーキット・クリス・アモン2月14〜16日