ヒュンダイ・モータースポーツは2020年のWRC世界ラリー選手権下位クラス、WRC2にワークスチームとして2台のヒュンダイi20 R5を投じると発表した。また2019年限りで最上位クラスから退いたシトロエン・レーシングもWRC2での活動は継続するとした。

 WRCの下位クラスについて、2019年はマニュファクチャラーからサポートを受けるチームやドライバーがエントリーするクラスとしてWRC2プロ、マニュファクチャラーからマシンを購入、またはリースしている独立系ドライバーが参戦するクラスとしてWRC2が設定されていた。

 2020年シーズンは、この構造にメスが入れられ、WRC2プロはマニュファクチャラー系チームとメーカーからの支援がないプロラリーチームなどが参戦するクラスとなり、名称も『WRC2』へ変更される。

 2019年までのWRC2クラスは、プライベーターやジェントルマンドライバーなどが参戦するクラスとなり、名称も『WRC3』となる。

 今回、ヒュンダイとシトロエンが参戦を表明したのは、WRC2プロから改称されたWRC2クラス。ヒュンダイは少なくともシリーズ8戦に2台のマシンを送り込む。

 ステアリングを握るのはノルウェー出身の23歳、オーレ・クリスチャン・ベイビーとロシア出身の22歳、ニコライ・グリャジンのふたり。ともに2019年のWRC2クラスで優勝を飾った経験のある若手有望株だ。

 ふたりはヒュンダイ・モータースポーツNからの参戦となり、実質的なチーム運営はエストニアに拠点を置くレッドグレイ・チームが担当する。ベイビーとグリャジンの2020年シーズン初戦は1月23〜26日の第1戦モンテカルロだ。

 シトロエンは2019年限りでWRC最上位クラスから撤退したが、カスタマー向け車両のシトロエンC3 R5での活動は継続。ブランドの関係の深いPHスポールを、シトロエン・レーシングとしてサポートする。またトタルやミシュランもチームを支援する。

 2020年のWRC2でC3 R5のステアリングを握るのは、シトロエンからWRC最上位クラスへ参戦した経験も持つベテランのマッズ・オストベルグ。2020年は第1戦モンテカルロを皮切りに全8戦へ出場する。この8戦には2020年11月のラリー・ジャパンも含まれる。

 なお、2019年までWRC2プロクラスを席巻してきたチェコの自動車メーカー、シュコダは2020年のワークス活動は見送り。引き続きカスタマーチームに向けたサポートは継続するものの、ワークスチームとしての参戦は行わないとされている。