ウイリアムズF1チームは、2020年シーズンに向け、イスラエス出身のロイ・ニッサニーを公式テストドライバーに起用することを発表した。

 ウイリアムズはテルアビブで記者会見を行い、ニッサニーとの契約を発表した。両者の契約により、ニッサニーは3回のグランプリウイークエンドでチームに合流、3回のフリープラクティス1、ルーキーテストデー1日を担当する。また、ファクトリーにおいてシミュレーター作業も行うことも決まっている。

 ニッサニーがFP1で走る週末には、ウイリアムズFW43に自転車競技に参戦するイスラエル・スタートアップのロゴが飾られる。

 現在25歳のニッサニーは、2013年と2014年にはFIAヨーロピアンF3選手権に出場。ワールドシリーズ・フォーミュラV8 3.5を経て、2018年にはFIA-F2選手権に参戦した。2020年には再びFIA-F2に出場する予定となっている。

 ニッサニーは2014年にザウバーで自身初のF1テストを行い、2019年12月にはアブダビテストでウイリアムズのマシンに乗った。

 ウイリアムズは2020年F1を、ジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィのラインアップで戦う。