2月13〜16日に行われる2020年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンの暫定エントリーリストが発表され、トヨタの元ワークスドライバーであるヤリ-マティ・ラトバラが参戦することが分かった。使用するマシンはトヨタ・ヤリスWRCでコドライバーはユホ・ハンニネンが務める。

 2002年にWRCデビューを果たし、フォードやフォルクスワーゲンといった自動車メーカーを渡り歩いてきたラトバラは、2017年にトヨタへ移籍。この年の第2戦スウェーデンで優勝を飾り、トヨタにWRC復帰2戦目で勝利をもたらした。

 2018〜19年もトヨタの一員としてシリーズを戦ったが、トヨタが2020年に向けて全クルーを入れ替えたため、ラトバラはトヨタでのシートを喪失。他チームへの移籍もなかったため、シーズンフル参戦のシートも手にしなかった。

 しかし、ラトバラは「トミ・マキネンとチームの力になりたい」と語るなど、トヨタとチーム代表のマキネンとは友好関係を維持しているとみられ、シリーズ数戦にヤリスWRCでスポット参戦する計画も明かしていた。

 ラリー・スウェーデンの主催者側が発表した暫定エントリーリストによれば、ラトバラは『ラトバラ・モータースポーツOY』として大会に参戦。ヤリスWRCで最上位クラスを戦う。

 そして、そのコドライバーには同じくトヨタの元ワークスドライバーで2017年にはラトバラとともにヤリスWRCを操っていたハンニネンが起用されており、トヨタで戦っていたふたりが顔を揃える格好となっている。

 ラトバラと長年コンビを組んできたコドライバーのミーカ・アンティラは、2020年はフィンランド出身の若手ラリードライバー、エーリク・ピエタリネンのコドライバーを務めており、ラリー・フィンランドではWRC3クラスにエントリーしている。