2月22〜23日、アメリカ・テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)を舞台にWEC世界耐久選手権第5戦ローン・スター・ル・マンが行われるのに先立ち、シリーズは同ラウンドで適用されるサクセス・ハンディキャップを明らかにした。

 LMP1クラスにのみ採用されるこの規則によりTOYOTA GAZOO Racingが走らせる2台のトヨタTS050ハイブリッドは、ライバルとなるレベリオン・レーシングのレベリオンR13・ギブソンと比較して1周あたり2秒前後のハンディを追うことになる。

 水曜日に公開された最新のリストによると、選手権をリードするマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組の7号車トヨタは“バーチャルカー”を基準にしたとき、5.51kmのCOTAでラップあたり2.77秒遅くなるように設定されている。

 また、ランキング2位につけるセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組8号車トヨタは同条件で2.21秒のハンディとなった。

 一方、上海でポール・トゥ・ウインを飾りバーレーンでもポールポジションを獲得した、ノルマン・ナト/グスタボ・メネゼス/ブルーノ・セナ組1号車レベリオンのハンディキャップ量は1周あたり0.55秒に。それに伴い車両最低重量は前戦から35kg少ない847kgとなっている。

■レベリオンにふたたび勝機到来か

 昨年12月に行われたWEC第4戦バーレーンでトヨタがワン・ツー・フィニッシュを決め、7号車と8号車のランキングポイントが逆転したことは、レベリオンにとってCOTAで大きなチャンスを手にすることを意味する。

 第4戦上海で勝利したレベリオンはバーレーンで1.36秒/1周のハンディキャップを課せられた。しかし、予選でそれぞれ2.72秒、2.51秒のハンディを負ったトヨタの2台を上回りポールシッターとなった。
 
 決勝ではチームLNTのジネッタG60-LT-P1に接触されるなどの不運があり3周遅れの総合3位となったが、その結果によって第5戦は有利なハンディキャップで6時間レースに臨むことになる。

 なお、今月行われるローン・スター・ル・マンはチームLNTが運営上の問題によってマシンを現地に送り込めなくなったことで、2台のジネッタがエントリーリストから姿を消している。そのため同ラウンドの最高峰クラスは、トヨタの2台とレベリオン1台の計3台で争われる予定だ。

■選手権リーダーを助ける“バーチャルカー”の存在

 前戦バーレーンまでサクセス・ハンディキャップは選手権最下位のマシンを基準車としていた。しかし、今戦では上位3台がチャンピオンシップリーダーから40ポイント後方に置かれた“バーチャルカー”を基準にしたハンディが課せられている。

 このバーチャルカールールは選手権リーダーとランキング最下位のマシン、現時点では6号車ジネッタとの点差が40ポイントを超えた場合に適用されるもの。

 COTAラウンドの場合、まずは現在首位に立つ7号車トヨタが保有する96ポイントから40点を引いたバーチャルカーが設定された。次にポイント差でレベリオンとトヨタ各車のハンディキャップ量が計られる。
 
 そこからそれぞれのハンディキャップを設定するため、ポイント差にCOTAのコース全長(km)とWECの係数0.01255が掛けられている。

 ハンディキャップを実現するための方法は従来と変わらず。車両重量や燃料流量、ラップあたりのエネルギー使用量、給油リグリストリクターなどの数値を組み合わせることで望ましいハンディキャップが達成された。

 TOYOTA GAZOO Racingのテクニカルディレクターを務めるパスカル・バセロンは、このバーチャルカールールがLMP1クラスにおいて適切なハンディキャップを確保するために不可欠であることを説明した。

「チャンピオンシップで最下位にいるクルマを基準車として計算を行うと、上位の2〜3台はすぐに固まり同じようなハンディキャップのままで居続けることになる」とバセロン。

「最高峰のチャンピオンシップでこのような状況を続けたくはない。なぜなら(私たちにとって)彼らがともに戦い続けたい相手だからだ」

「これがトップランカーから40ポイントを引いたバーチャルカーを維持する理由だ。少し複雑なシステムだが、我々が達成したいことを実現するためには必要なものなんだ」

■2019/20年WEC第5戦ローン・スター・ル・マン サクセス・ハンディキャップ早見表
No.TeamPointSHComparison1レベリオン・レーシング64.00.55-0.813レベリオン・レーシング-0.55-0.815チームLNT24.50.00-0.246チームLNT12.50.000.007トヨタ・ガズー・レーシング96.02.77+0.268トヨタ・ガズー・レーシング88.02.21-0.51
SH:サクセス・ハンディキャップ(秒/1ラップ)
Comparison:第4戦バーレーンとの比較(秒/1ラップ)