マクラーレンF1チームは、2月13日、マクラーレン・テクノロジーセンターで2020年型マシン『MCL35』の発表会を行った。レースドライバーのカルロス・サインツJr.とランド・ノリスが登場しインタビューに応じた後、マクラーレン・レーシングCEOのザック・ブラウン、マクラーレンF1チーム代表のアンドレアス・ザイドルが登壇し、発表会を締めくくった。

『MCL35』は昨年同様、チーム創設者ブルース・マクラーレンが選んだオリジナルカラーであるパパイヤオレンジとブルーを使用しているが、昨年型とは異なる配置がなされ、また初めて軽量化のためのマット塗装が施された。昨年型と比較すると、ノーズがより細くなり、サイドポッドがスリムになるなどの違いが見られる。

 長く低迷してきたマクラーレンだが、2019年にコンストラクターズ選手権4位に浮上。2020年型『MCL35』は、昨年加入したテクニカルディレクター、ジェームズ・キー主導で開発した初めてのマシンであり、チームは2019年の勢いを維持し、将来のトップ復帰への足掛かりとして、“ベスト・オブ・ザ・レスト”の位置をキープすることを目指す。

『MCL35』はルノー製パワーユニット(PU/エンジン)を搭載するが、ルノーとの契約は2020年末までとなっており、2021年からメルセデスPUにスイッチすることが決まっている。

 ニューマシンについてノリスは次のように説明している。
「このマシンは昨年型をベースに作られた。去年、僕らはあらゆる部分を検討し、皆で議論した。ドライバーもそこに加わり、それをもとにして開発がなされたんだ」

「だから僕としては、去年よりもずっと『自分のマシン』だと感じる。このマシンを作るためにインプットしてきた。だから『僕のベイビー』という感じなんだ。早く走りたくてたまらないよ」

 サインツは「タイトでとてもいいデザインだ。前よりよくなったと思う」という感想を述べた。

「チーム全員が、より優れたマシン、より優れたパッケージを作り出すために努力した。水面下で膨大な作業がなされてきた」

「すべてがうまくまとまって、大きく向上したと感じている。僕らチームは成長しつつある。今、勢いに乗っているから、それを今年維持していきたいと思う」