2020年WRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンは2月13日、スウェーデン・カールスタッドでシェイクダウン“2本目”が行われ、プライベーターとして参戦しているヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)がトップタイムを記録した。2番手にはスウェーデンのカール・フィリップ王子を助手席に迎えたセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)、3番手にはカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が続いた。

 シリーズ唯一のフルスノーイベントとして予定されていたラリー・スウェーデンだが、2020年大会は暖冬で充分な積雪がなく、当初の予定が大幅に変更されて開催されている。

 競技初日の13日(木)についても、当初の予定では現地9時過ぎにスウェーデン・スカラでマシンセッティングの最終確認の場であるシェイクダウンが行われ、その後カールスタッドでオープニングセレモニーと大会最初の競技区間となるSS1が行われる予定だった。

 しかし、直前のスケジュール変更により、競技区間としてのSS1実施は見送り。2本目のシェイクダウンステージとして実施された。

 カールスタッドでのシェイクダウン2本目は競馬場に設けられた特設ステージが舞台。本来であれば2台のマシンが同時に走行するスーパーSSとして行われるステージだが、シェイクダウンではマシンが1台ずつ走行した。

 全長1,9kmのシェイクダウン2本目でトップにつけたのはラトバラ。2020年はWRCレギュラーシートを獲得できていないため、これがシーズン初戦だが1分26秒1の最速タイムを刻んでいる。

 続く2番手につけたオジエはファンサービスの一環として、コドライバーのジュリアン・イングラシアではなく、フィリップ王子をサイドシートに乗せて走行。それでも1分28秒フラットのタイムで2番手に続いた。

 スウェーデンのフィリップ王子は熱心なモータースポーツファンで、ポルシェカレラカップスカンジナビアやSTCCスカンジナビア・ツーリングカー選手権などにドライバーとして参戦した経験もある人物だ。

 変則的なコンビネーションで挑んだオジエに続く3番手はトヨタの若手ロバンペラが獲得。ロバンペラは同日朝に行われたシェイクダウン1本目でトップタイムを刻むなど、安定した速さをみせた。

 4番手以下はテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)、エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)、エサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)、勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)というトップ8だった。

 2020年のWRC第2戦スウェーデンは、14日(金)に行われるSS2が最初の競技区間となる。この日はSS2〜4、8の計4SSで争われ、合計距離は63.68km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は264.49kmとなっている。