自動車カスタマイズイベントの『大阪オートメッセ2020』が2月14日から16日までの3日間、インテックス大阪で開催されており、同イベントで恒例となっているスーパーGTのPRイベントが今年も展開されている。

 イベント初日となる14日(金)は、メインステージで『SUPER GT 2020 seriesスペシャルステージ』が行われ、GTAの坂東正明代表や大嶋和也、高木真一、福住仁嶺、武藤英紀らの現役GTドライバー、シリーズ公式アナウンサーのピエール北川氏が登壇。

 坂東代表は「今年は18年ぶりにスープラが復活し、GT500はクラス1規定となる3メーカーが同一規則の元でのガチンコ勝負となる。スーパーGTのスゴさをもっと多くの人に知ってもらいたい。ぜひ会場に足を運んで実際のスゴさを見てほしい」と会場にいる来場者に呼び掛けた。

 大阪オートメッセ2020では、このようなスーパーGTドライバーによるトークショーが3日間、毎日実施されるだけではなく、マシンの展示やサイン会といったスーパーGT関連の展示や催事が行われている。

 会場に入ってすぐの西ゲートには2019年シーズンのGT500、GT300クラスチャンピオンマシンであるWAKO’S 4CR LC500と、ARTA NSX GT3が置かれている。この2台は展示のみならずエンジン始動のデモンストレーションが行われる。

 また、スーパーGTブースでは、オリジナルグッズやチケット・年間パス等の販売も実施。さらに、ドライバートークショー&サイン会も行われる予定だ。そして屋外会場では子供向けにキッズカート体験会が開催される。

 この他、自動車メーカーのブースでもGTマシンが置かれておりトヨタとホンダは、2020年シーズンに投入されるクラス1規定のマシンを展示している。

 また、イベントではスーパーGT以外のモータースポーツ関連車両の展示や、プロドライバーのトークショー等が行われているため、クルマ好きやモータースポーツファンの方は会場に足を運んでみてはいかがだろうか。入場料や会場アクセスなど詳細は大阪オートメッセ公式ホームページ(https://www.automesse.jp/)まで。