2020年のWRC世界ラリー選手権第2戦スウェーデンは2月14日、SS2〜4、8の計4SSが行われ、トヨタのエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が前年王者オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)を抑えて総合首位につけた。

 シリーズ唯一のフルスノーイベントであるラリー・スウェーデンは雪不足によるスケジュール変更で大会2日目の14日(金)が競技区間走行の幕開けとなり、この日はノルウェー国内でSS2〜3、スウェーデン国内でSS4、8の計4SSが行われた。

 13日夜から14日朝にかけては気温が氷点下まで下がったため、この日の路面コンディションは凍結したグラベル(未舗装路)が多く残るコンディションに。それでも一部は凍結していないグラベルが残ったほか、雪もあるなど難しいコンディションとなった。

 オープニングのSS2で速さを発揮したのは、2020年からトヨタに加わり、今大会でヤリスWRCでの実戦2戦目を迎えたエバンス。3番手スタートという出走順も味方し、SS2を終えた時点で総合2番手タナクに対し1.1秒リードを築いた。

 続くSS3では、前年チャンピオンでラリー・スウェーデン覇者でもあるタナクがステージトップタイムを刻み、総合でエバンスに0.2秒差まで肉薄する。しかし、スウェーデン国内で行われた18.94kmのSS4では、ふたたびエバンスがトップタイムを記録。タナクは8.5秒差のステージ4位で大きく差を広げられてしまった。

 この日最後のSS8ではタナクがステージ優勝を飾ったものの、0.2秒差でエバンスが続いたためギャップは大きく縮まらず。エバンスが8.5秒リードの総合首位で走行を終えた。

「マシンのフィーリングは素晴らしく、文句のいいようがない1日だった」とエバンス。

「今日はいい日になったけれど、(14日と同じSSを再走する)明日も同じような戦いをしなくてはならない。どんなコンディションが待ち受けているか予想できないけれど、目の前の状況へ必死に適用していくよ」

 タナクに続く総合3番手はトヨタの若手、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)がつけた。ロバンペラはSS4終了時点でタナクに0.8秒リードをつける総合2番手だったものの、SS8スタート直後のヘアピンでエンジンストールがあり後退。それでもエバンスとは14.3秒差、タナクとは5.8秒差につけている。

 トヨタワークスの残る1台、セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)はロバンペラと3.5秒差、首位エバンスとは17.8秒差の総合4番手。総合5番手にはエサペッカ・ラッピ(フォード・フィエスタWRC)が続いた。

 首位と23.6秒差の総合6番手は第1戦ウイナーでポイントリーダーのティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)がつけた。ヌービルは先頭走者を務めたため、思うようにペースを上げられなかった。

 2戦連続でヤリスWRCをドライブしている勝田貴元は総合9番手で全4SSを走破した一方、同じくヤリスWRCでスポット参戦しているヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)はSS4走行中にエンジン周りに不具合が出てしまい、SS8を走ることなくリタイア。翌日以降の競技にも参加せず、大会全体リタイアを選択した。

 ラトバラのマシントラブルについて、TOYOTA GAZOO Racing WRTのチーム代表を務めるトミ・マキネンは海外のラリー専門サイト『DirtFish』に対し、通常とは異なる位置にエンジン系ケーブルが配されていたことが原因のヒューマンエラーだったとコメント。ラトバラに謝罪するとともに第6戦イタリアへの参戦をオファーする意向を示している。

 2020年のWRC第2戦スウェーデンの大会3日目、競技走行2日目となる15日(土)は、14日に走行した4SSを再走する構成で争われる。全4SS合計の走行距離は63.68km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は264.49kmだ。