F1が、新たにF1 Eスポーツ・バーチャル・グランプリ・シリーズを立ち上げ、延期されたグランプリの代わりに開催することを発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で2020年序盤の7戦はすでに中止か延期されることが確定している。

 F1は3月20日、F1 Eスポーツ・バーチャル・グランプリ・シリーズを立ち上げ、延期されたすべてのグランプリの代わりに開催し、現役F1ドライバーを招いてレースを行うと発表した。最初のグランプリは、バーレーンGPが開催される予定だった3月22日に行われる。レースには現役ドライバーの他に、「大勢のスター」が出場する予定だということだが、現時点ではラインアップは発表されていない。出場者の安全を確保するため、それぞれが離れた場所から参戦し、生中継は『Gfinity Esports Arena』等で行われる。

 使用されるのはコードマスターズのF1 2019年PCビデオゲームで、“開幕戦”バーレーンのレースは、実際の半分の周回数28周で行われる。ライブ配信はF1のYouTube、Twitch、Facebookなどを通して22日日曜20時 GMT(日本時間23日月曜5時)から1時間半にわたって行われる。

 このシリーズはファンを楽しませるためのもので、ドライバーおよびチームに2020年F1選手権ポイントは与えられない。
 また、2019年公式ビデオゲームに含まれていないオランダおよびベトナムについては、代わりに他のサーキットでレースが行われる。

 さらにF1は、レースが開催されない週末には、オンラインエキシビションレースを開催し、ファンに対し、F1ドライバーと戦う機会を提供すると発表した。詳細は後日明らかにされる。

 F1 Eスポーツ・バーチャル・グランプリ・シリーズは5月末まで続けられる予定だが、今後さらにグランプリが中止される事態になれば、期間が延長される見通しだ。