6月に予定されているF1アゼルバイジャンGPが延期される見通しであると伝えられている。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年F1シーズンの最初の7戦が中止あるいは延期となっており、現時点で予定変更が発表されていない直近のグランプリは、6月7日のアゼルバイジャンGPとなっている。

 しかしPA通信は、アゼルバイジャンGPの延期が内定し、今週にも正式に発表される見通しであると伝えた。主催者は、中止ではなく、今年中に日程を変更して開催することを望んでいるという。

 アゼルバイジャンGPの次に予定されているのは6月14日のカナダGPだ。F1のチェイス・キャリーCEOは、新型肺炎流行の状況を注視し、安全にグランプリが開催できる状況になり次第、シーズンをスタートしたいと述べている。