2020年3月24日
プレスリリース

『Polo』一部仕様変更し安全性を強化
セーフティパッケージにレーンキープアシストシステム“Lane Assist”を追加
フォルクスワーゲングループジャパン株式会社(代表取締役社長:ティルシェア、本社:愛知県豊橋市、略称:VGJ)は、本日より『Polo(ポロ)』においてオプションパッケージの仕様変更を行います。Poloは、2018年に導入以降、“MQB”モジュールを採用することにより、これまで上級モデルに採用していた先進安全機能を装備し、高い安全性を実現してきました。

 今回の仕様変更は、人気オプションのセーフティパッケージにレーンキープアシストシステムの“Lane Assist”を追加し、さらなる安全性の強化を図るものです。

 レーンキープアシストシステム“Lane Assist”*は、フロントガラス上部に設置されたカメラにより、走行中の車線をモニタリング。ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知すると、ステアリング補正を行いドライバーに警告し、ステアリング操作をサポートするものです。

 これにより、ドライバーの疲労軽減を図れ、より一層の安全性が向上します。
*起動速度や作動速度の制限があります。

 今回の仕様変更により、Lane Assistを採用しているモデルはフォルクスワーゲンのラインアップの中で約8割となりました。引き続き、フォルクスワーゲンの総合安全コンセプト“Volkswagen オールイン・セーフティ”を強化してまいります。

<仕様変更内容>
 オプションのセーフティパッケージにレーンキープアシストシステム“Lane Assist”を追加
※オプション価格は税込み価格です。

◆セーフティパッケージ(Highline,R-Line,GTI向け**) 13万2000円
・NEW)レーンキープアシストシステム“Lane Assist”
・駐車支援システム“Park Assist”
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)
・オプティカルパーキングシステム
・ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
**セーフティパッケージはDiscover Proパッケージとのセットオプションとなります。

◆セーフティパッケージ(Comfortline Limited向け) 15万4000円
・NEW)レーンキープアシストシステム“Lane Assist”
・駐車支援システム“Park Assist”
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)
・オプティカルパーキングシステム
・ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
・アダプティブクルーズコントロールACC(全車速追従機能付)

 上記以外のPoloシリーズ各グレードの車両本体価格・オプション価格に変更はありません。