F1世界選手権に参戦するスクーデリア・アルファタウリのオフィシャルパートナーであるカシオは、高機能メタルウォッチ『EDIFICE(エディフィス)』の20周年を記念したホンダレーシングコラボレーションモデル『ECB-10HR』を4月24日に発売する。

 エディフィスは、“Speed and Intelligence”をコンセプトに、モータースポーツの持つスピード感を表現したダイナミックなデザインや、先進テクノロジーを兼ね備えている高機能ウォッチ。

 今回発売されるECB-10HRは、エディフィスブランド誕生20周年を記念し、本田技研工業が世界中で展開しているモータースポーツ活動の総称である『Honda Racing(ホンダレーシング)』とコラボレーションが行われたモデルとなった。

 エディフィスとコラボレーションしているホンダは、2018年よりアルファタウリの前身であるスクーデリア・トロ・ロッソにパワーユニット供給を開始。2020年シーズンも名称変更されたアルファタウリにパワーユニットを引き続き供給し、アルファタウリ・ホンダとしてF1に参戦する。

 そんなエディフィスとホンダレーシングは、“ともに高度な技術を駆使し、ジャパンブランドとしての誇りを持って世界へ挑戦し続ける”という姿勢が相通じることから、コラボレーションが行われている。

 3度目のコラボとなったECB-10HRは、カシオがサポートするスクーデリア・アルファタウリへのヒアリングをもとに開発された機能を備えた『ECB-10』がベースモデルに採用された。

 コラボレーションモデルとなるECB-10HRのデザインは、ホンダF1クルーのユニフォームカラーであるブラックとレッドをベースにし、さらにエディフィス20周年を祝したゴールドがあしらわれている。ケースはブラック基調、時計の顔とも言える文字板には、モータースポーツと親和性の高いカーボン素材が採用されている。

 そして、本革のバンドやホンダレーシングのロゴ、20周年にちなんだベゼルの“20”はレッドに統一。また、“EDIFICE”ロゴやベゼル内周、インダイヤルの小針はゴールドに彩られている。時計の裏蓋には“20th Anniversary EDIFICE”という刻印が入れられた。

 このブラック×レッド×ゴールドというコントラストが非常に美しいECB-10HRを包み込むパッケージには専用のものが用意され、赤い箱にホンダロゴやエディフィスロゴが随所に配置されたものとなっている。

 ホンダレーシングの世界観と、エディフィス20周年を祝うメッセージが込められているスペシャルモデルのECB-10HR。発売予定日は4月24日(金)、メーカー希望小売価格は3万8500円(税込)。エディフィスの詳細はカシオ公式ホームページ(https://www.edifice-watches.com/jp/ja/)まで。

【ECB-10HRの主な仕様】
防水性:10気圧防水
通信仕様
 通信規格:Bluetooth® low energy
 通信距離:〜2m(環境により変化)

ワールドタイム:
世界38都市(38タイムゾーン、サマータイム自動設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、ホームタイムの都市入替機能
ストップウオッチ:1/1000秒(1時間未満)/1/10秒(1時間以上)、24時間計、ラップメモリー200本付き
タイマー:セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測
アラーム:時刻アラーム5本、時報

その他の機能:
モバイルリンク機能(約300都市のワールドタイム設定機能、自動時刻修正、携帯探索機能、ストップウオッチデータの転送、スケジュールタイマー等)、針退避機能、フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、操作音ON/OFF切替機能、スケジュール報知音ON/OFF切替機能、日付表示(月/日表示入替)、曜日表示(英・西・仏・独・伊・露の6ヵ国語切替)、機内モード、電池切れ予告機能、ダブルLEDライト:文字板用/LCD用(オートライト、スーパーイルミネーター、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)

使用電池・寿命:CR2016・約2年
大きさ:51.0×48.5×12.5mm
質量:約107g